PR for guests

メインメニュー

Cycle-Ringサービス終了のお知らせ
2022年末をもってCycle-Ringのサービスを終了させていただくことになりました。
詳しくはこちらの記事をご覧ください

top -->> 記録の表示

鳴門サイクリング4 (サイクリング/シティーライド)
日程:
   2022年11月07日(月) [日帰り]
メンバー:
   yomo
編集 [写真] [ルート] / 削除
この記録の訪問者数:47

地図/標高グラフ:
   1/25000地形図 GPS Log(GPX, 元データ) ブログに貼付     

標高グラフを読み込み中です...
地名データを登録  [+]グラフを拡大
サイコンデータ:
  走行時間:4時間43分0秒
  走行距離:68.63 km

記録:
しつこく鳴門を攻めています。前回間違えた大谷川を遡るコースに再チャレンジ。今回は、間違えずに、無事、星越峠まで行き、ハイキングコースを登って天ヶ津峰山頂にたどり着きました。その後、いつもの鳴門スカイラインを走り、今度は大毛山まで歩き、その後は鳴門公園を回って帰ってきました。小雨に降られ、少し寒かったです。ずっと以前に、生足MTBで天ヶ津峰まで行ったのが遠い過去として蘇りました。昔は頑張れたのね、オレ。

写真: この記録の写真をスライドショーで見る
県道を走って星越峠まで。
[詳細ページへ]

県道を走って星越峠まで。
星越峠手前にあるハイキングコースの看板が目印。ここからハイキングコースを自転車で登ります。
[詳細ページへ]

星越峠手前にあるハイキングコースの看板が目印。ここからハイキングコースを自転車で登ります。
天ヶ津峰の山頂付近にある電波塔。ここまでは簡易舗装の道がついていて自動車でも上がれるようになっていますが、簡易舗装はボロボロでほぼダートです。
[詳細ページへ]

天ヶ津峰の山頂付近にある電波塔。ここまでは簡易舗装の道がついていて自動車でも上がれるようになっていますが、簡易舗装はボロボロでほぼダートです。
電波塔の駐車場に何故か山羊が何頭も。放し飼いなのか野生化しているのかわかりませんが、人馴れしています。エサをくれないとわかると、すぐに去っていきました。
[詳細ページへ]

電波塔の駐車場に何故か山羊が何頭も。放し飼いなのか野生化しているのかわかりませんが、人馴れしています。エサをくれないとわかると、すぐに去っていきました。
ここまでは自転車で登れます。写真には見えませんが、山羊のフンがいっぱい。踏まないように歩きましたが、踏んだだろうな。フンだもの。
[詳細ページへ]

ここまでは自転車で登れます。写真には見えませんが、山羊のフンがいっぱい。踏まないように歩きましたが、踏んだだろうな。フンだもの。
歩いてすぐに天ヶ津峰山頂。
[詳細ページへ]

歩いてすぐに天ヶ津峰山頂。
山頂には、天ヶ津峰神社があります。
[詳細ページへ]

山頂には、天ヶ津峰神社があります。
天ヶ津峰の山頂は、木が伐採されて展望が開けています。ベンチやテーブルもあり、休憩には良いところ。フンがなければ。
[詳細ページへ]

天ヶ津峰の山頂は、木が伐採されて展望が開けています。ベンチやテーブルもあり、休憩には良いところ。フンがなければ。
鳴門スカイラインの途中で四国のみちの看板があり、そこが大毛山への登山口。
[詳細ページへ]

鳴門スカイラインの途中で四国のみちの看板があり、そこが大毛山への登山口。
スカイラインの途中に駐輪して登りました。
[詳細ページへ]

スカイラインの途中に駐輪して登りました。
山頂には、三角点もあります。が、展望は全くありません。
[詳細ページへ]

山頂には、三角点もあります。が、展望は全くありません。
登山道というよりは四国のみちの途中に山頂があるという感じ。道は、海岸側へと続いています。次回は、反対側から登ってみます。
[詳細ページへ]

登山道というよりは四国のみちの途中に山頂があるという感じ。道は、海岸側へと続いています。次回は、反対側から登ってみます。




お気に入りに登録:
   この記録で紹介されたルートに行きたくなりましたか?

※Cycle-Ringにユーザ登録いただき、ログインしていただくと、登録できるようになります。



コメントを書く

Cycle-Ringにユーザ登録いただき、ログインしていただくことによって、
コメントが書けるようになります。

-->> CycleRingにユーザ登録する

関連ページ
ページの先頭へ

ホーム   サイクリング記録   お問合せ   運営会社   リンクについて   ヘルプ   更新情報   利用規約   広告掲載について  
COPYRIGHT (C)2008 Yamareco & Cycle-Ring