PR for guests

メインメニュー

top -->> 記録の表示

飯尾川サイクリング1 (サイクリング/シティーライド)
日程:
   2022年06月15日(水) [日帰り]
メンバー:
   yomo
編集 [写真] [ルート] / 削除
この記録の訪問者数:19

地図/標高グラフ:
   1/25000地形図 GPS Log(GPX, 元データ) ブログに貼付     

標高グラフを読み込み中です...
地名データを登録  [+]グラフを拡大
サイコンデータ:
  走行時間:1時間49分0秒
  走行距離:30.53 km

記録:
飯尾川は、鮎喰川の支流であるが、川の様相は鮎喰川と全く違う。険しい山間部を流れてくる鮎喰川に比べ、飯尾川はほぼ平地をゆったりと流れている。というより、ほぼ流れがない。長いため池のような川であり、沿岸には見るべきものがない。サイクリングしていて、全く楽しくない。これは、市街地を流れている川の宿命かもしれないが、徳島では特にひどい。市街地の川は、公然下水道扱いで、民家の生活排水だけでなく、化学工場や牛舎の排水も。当然、臭い。虫がいっぱい。水濁っている。
なので、飯尾川沿いをサイクリングすることはもうないかも。

写真: この記録の写真をスライドショーで見る
お約束の飯尾川・鮎喰川合流地点です。この風景は、好き!
[詳細ページへ]

お約束の飯尾川・鮎喰川合流地点です。この風景は、好き!
第二樋門。上流に第一樋門、そして加減堰。これらで治水していたようです。が、第二樋門が改築され性能アップ。そして、加減堰は撤去。
[詳細ページへ]

第二樋門。上流に第一樋門、そして加減堰。これらで治水していたようです。が、第二樋門が改築され性能アップ。そして、加減堰は撤去。
かもの橋のたもと付近に加減堰の記念碑と看板が。草ぼうぼうで何だかわからない。
[詳細ページへ]

かもの橋のたもと付近に加減堰の記念碑と看板が。草ぼうぼうで何だかわからない。
川幅を人工的に狭くして下流域への水流量を減らしていたみたい。そしたら上流で洪水が発生って、アホですか?
[詳細ページへ]

川幅を人工的に狭くして下流域への水流量を減らしていたみたい。そしたら上流で洪水が発生って、アホですか?




お気に入りに登録:
   この記録で紹介されたルートに行きたくなりましたか?

※Cycle-Ringにユーザ登録いただき、ログインしていただくと、登録できるようになります。



コメントを書く

Cycle-Ringにユーザ登録いただき、ログインしていただくことによって、
コメントが書けるようになります。

-->> CycleRingにユーザ登録する

関連ページ
ページの先頭へ

ホーム   サイクリング記録   お問合せ   運営会社   リンクについて   ヘルプ   更新情報   利用規約   広告掲載について  
COPYRIGHT (C)2008 Yamareco & Cycle-Ring