PR for guests

メインメニュー

top -->> 記録の表示

府中武蔵国府跡〜分倍河原〜多摩川〜羽村取水口〜玉川上水 (サイクリング/シティーライド)
日程:
   2021年01月14日(木) [日帰り]
メンバー:
   ucan
編集 [写真] [ルート] / 削除
この記録の訪問者数:45

地図/標高グラフ:
   1/25000地形図 GPS Log(GPX, 元データ) ブログに貼付     

標高グラフを読み込み中です...
地名データを登録  [+]グラフを拡大
サイコンデータ:
  走行時間:7時間0分0秒
  走行距離:51.48 km

記録:
国分寺の消滅は武蔵国府との関係が大きい。国府跡を見て時の流れを感じる。分倍河原から多摩川に下り、川に沿って上流まで辿る。羽村取水口から玉川上水を辿る。現在は過去の結果である。跡を確認していけば現在に至る原因も見えてくる。国府が建てられたのは7世紀後期、11世紀後期には最早廃れるようになる。300年は長い。よく頑張ったのではないか、中央集権は厳しい、しかも西から700km、飛行機、新幹線なんて無いんだから、そりゃ来なくなるよね。

写真: この記録の写真をスライドショーで見る
馬場大門のケヤキ並木,1000株寄進したとされる源義家の像。凛々しい。史実は兎も角、国府とは関係ないのが味噌。
[詳細ページへ]

馬場大門のケヤキ並木,1000株寄進したとされる源義家の像。凛々しい。史実は兎も角、国府とは関係ないのが味噌。
大國魂神社。新年の御挨拶に社用族も参拝している
[詳細ページへ]

大國魂神社。新年の御挨拶に社用族も参拝している
神社から見たケヤキ並木、迫力ありますね。流石、国の天然記念物だけある。しかし、よくぞ植えましたなあ。
[詳細ページへ]

神社から見たケヤキ並木、迫力ありますね。流石、国の天然記念物だけある。しかし、よくぞ植えましたなあ。
下りて分倍河原へ、新田義貞像、源氏の流れを感じます。徳川家に通じる血筋。
[詳細ページへ]

下りて分倍河原へ、新田義貞像、源氏の流れを感じます。徳川家に通じる血筋。
多摩川の河川敷は走りやすい。ここは根川貝殻坂橋、威厳ある吊り橋です。人家脇を抜けると坂があり、下りると急に橋が現れます。
[詳細ページへ]

多摩川の河川敷は走りやすい。ここは根川貝殻坂橋、威厳ある吊り橋です。人家脇を抜けると坂があり、下りると急に橋が現れます。
絵を描いている人がいました。本当に絵になる。
[詳細ページへ]

絵を描いている人がいました。本当に絵になる。
根川から流れる暖かい流れに群がる鴨の群れ
[詳細ページへ]

根川から流れる暖かい流れに群がる鴨の群れ
ぬくたそう。
[詳細ページへ]

ぬくたそう。
昭島に着くと岩が鯨のように見えると思ったら、アキシマクジラの化石が見つかったところとのこと。200万年前は海だったのですね。驚き、こんな内陸がと思っちゃいます。
[詳細ページへ]

昭島に着くと岩が鯨のように見えると思ったら、アキシマクジラの化石が見つかったところとのこと。200万年前は海だったのですね。驚き、こんな内陸がと思っちゃいます。
八高線を見上げます。この下から化石が見つかりました。
[詳細ページへ]

八高線を見上げます。この下から化石が見つかりました。
福生市に入ると山が迫ってきます。空が広い。
[詳細ページへ]

福生市に入ると山が迫ってきます。空が広い。
羽村まで昼を取らず走り漬け。看板を見て思わず飛び込みました。川際は福祉施設が多く、その一つスマイル工房、新しい喫茶店、火木金しかも15時までしかやっていないようです。もう何も食べるものはないと言われましたが、クッキーだけありました。
[詳細ページへ]

羽村まで昼を取らず走り漬け。看板を見て思わず飛び込みました。川際は福祉施設が多く、その一つスマイル工房、新しい喫茶店、火木金しかも15時までしかやっていないようです。もう何も食べるものはないと言われましたが、クッキーだけありました。
珈琲とクッキー、美味い。ドリップ式、嬉しい。体が芯から温まりました。ありがたい。
[詳細ページへ]

珈琲とクッキー、美味い。ドリップ式、嬉しい。体が芯から温まりました。ありがたい。
玉川兄弟の像、彼らのおかげで江戸に水が運ばれました。この後、狭山湖、多摩湖にこの上の取水口から水が運ばれるようになり、都民は水に苦労していない訳です。感謝。
[詳細ページへ]

玉川兄弟の像、彼らのおかげで江戸に水が運ばれました。この後、狭山湖、多摩湖にこの上の取水口から水が運ばれるようになり、都民は水に苦労していない訳です。感謝。
取水口から玉川上水を望む
[詳細ページへ]

取水口から玉川上水を望む
左が多摩川、右が玉川上水。上水側の水は崖を登っていきます。凄い。
[詳細ページへ]

左が多摩川、右が玉川上水。上水側の水は崖を登っていきます。凄い。
上水脇の道は大好きな道。自然が残っています
[詳細ページへ]

上水脇の道は大好きな道。自然が残っています
梅だあ、早いなあ
[詳細ページへ]

梅だあ、早いなあ
夕日を浴びた玉川上水脇の道です。気分がいい。
[詳細ページへ]

夕日を浴びた玉川上水脇の道です。気分がいい。




お気に入りに登録:
   この記録で紹介されたルートに行きたくなりましたか?

※Cycle-Ringにユーザ登録いただき、ログインしていただくと、登録できるようになります。



コメントを書く

Cycle-Ringにユーザ登録いただき、ログインしていただくことによって、
コメントが書けるようになります。

-->> CycleRingにユーザ登録する

関連ページ
ページの先頭へ

ホーム   サイクリング記録   お問合せ   運営会社   リンクについて   ヘルプ   更新情報   利用規約   広告掲載について  
COPYRIGHT (C)2008 Yamareco & Cycle-Ring