PR for guests

メインメニュー

top -->> 記録の表示

戸苅温泉なべくら高原ルート (サイクリング/シティーライド)
日程:
   2020年09月30日(水) [日帰り]
メンバー:
   iki
編集 [写真] [ルート] / 削除
この記録の訪問者数:78

地図/標高グラフ:
   1/25000地形図 GPS Log(GPX, 元データ) ブログに貼付     

標高グラフを読み込み中です...
地名データを登録  [+]グラフを拡大
記録:
コロナも落ち着いて半年振りの遠出。今回は物見遊山手形を使って北信州方面の温泉に入りに行く。ついでにサイクリングも計画。コースはモンベルのジャパンエコトラックの千曲川周遊ルートを参考に自分なりのコースを考える。飯山市図書館(妻は本を読んで過ごす)を起点に戸苅温泉スキー場を目指す。ガーミンコネクトによると平均勾配9%。まーそんなに長い距離ではないので自転車降りて歩く事もないだろう。実際歩かなければいけないような急勾配は無かった。スキー場を過ぎて県道から、みゆきのラインに入り後ろを振り返ると鍋倉山。この山は25年程前にテレマークスキーで登ったなと感慨にふけりながら自転車を漕いでいくと直ぐに下りに入り千曲川まで一気のダウンヒル。川に出ると土手を自転車で走れそうなので、そちらに行きグラベルを楽しんで県道408、長峰スポーツ公園経由で帰る。今回食料を持っていくのを忘れて、5時間弱のサイクリングで口にしたのは350ccの紅茶だけであったが、ハンガーノックにもならず無事走り終えた。

写真: この記録の写真をスライドショーで見る
飯山市図書館出発
[詳細ページへ]

飯山市図書館出発
道祖神発見
[詳細ページへ]

道祖神発見
スキー場の中の道を登って行く
[詳細ページへ]

スキー場の中の道を登って行く
高社山が目立つ
[詳細ページへ]

高社山が目立つ
城山にに登りかけて途中で止める
[詳細ページへ]

城山にに登りかけて途中で止める
星の降るキャンプ場に着く
[詳細ページへ]

星の降るキャンプ場に着く
お小夜の涙、という清水が流れていた
[詳細ページへ]

お小夜の涙、という清水が流れていた
ベンチで何か食べようとサドルバッグを開くと、食料が入ってない。ガックリくる
[詳細ページへ]

ベンチで何か食べようとサドルバッグを開くと、食料が入ってない。ガックリくる
中央に見えてるのは毛無山か?
[詳細ページへ]

中央に見えてるのは毛無山か?
鍋倉山をバックに走る
[詳細ページへ]

鍋倉山をバックに走る
千曲川のダートを走る
[詳細ページへ]

千曲川のダートを走る
草付きのグラベルになる
[詳細ページへ]

草付きのグラベルになる
戸狩野沢温泉駅
[詳細ページへ]

戸狩野沢温泉駅




お気に入りに登録:
   この記録で紹介されたルートに行きたくなりましたか?

※Cycle-Ringにユーザ登録いただき、ログインしていただくと、登録できるようになります。



コメントを書く

Cycle-Ringにユーザ登録いただき、ログインしていただくことによって、
コメントが書けるようになります。

-->> CycleRingにユーザ登録する

関連ページ
ページの先頭へ

ホーム   サイクリング記録   お問合せ   運営会社   リンクについて   ヘルプ   更新情報   利用規約   広告掲載について  
COPYRIGHT (C)2008 Yamareco & Cycle-Ring