PR for guests

メインメニュー

top -->> 記録の表示

尾張広域緑道〜木曽川サイクリングロード(帰路グラベルで遊ぶ) (サイクリング/シティーライド)
日程:
   2020年06月20日(土) [日帰り]
メンバー:
   iki
編集 [写真] [ルート] / 削除
この記録の訪問者数:213

地図/標高グラフ:
   1/25000地形図 GPS Log(GPX, 元データ) ブログに貼付     

標高グラフを読み込み中です...
地名データを登録  [+]グラフを拡大
記録:
まずは尾張広域緑道の起点に向かう。そこからはのんびりとストップアンドゴウを繰り返しながら終点手前で木曽川サイクリングロードに入る。土曜日なのでまあまあの自転車が走っている。しかし何台のロードバイクに抜かれたか!こちとら一台抜いただけ、俺より遅い人がいるんだと思って抜くときに挨拶してみたら、明らかに私より年配のご老人(かくいう私も老人ではあるが)年齢は正直だ。前回通行止めの箇所まで来たら、相変わらずの通行止めだがゲートが小さくなってるし向こうにはダートの道が続いているので、進展はしているようだ。そこでUターンして、、せっかくグラベルバイクに乗っているんだしと、走れそうなグラベルに突っ込んでみる。三回程突き当たりで引き返すが、道が続いていると思われても草ボウボウで突っ込むのはためらわれる。冬になると行けるかもしれない。またある時は土手の道からショートカットして草付きの斜面を斜めに降りてみたが、さすが37cのブロックタイヤだ、スリップする事なく着実にラインをトレースしてくれた。しかし河原のコブシ大の石が敷き詰めたようにある所は、さすがに激しくて真っ直ぐに進むのは困難だ。タイヤの空気を抜けばトラクションもよくなってもう少し楽に行けるようになると思われるが、面倒くさいのでそのまま進む。だいたい10〜20m進んで限界と足を着くが、路面状態良ければ50m程進めた。こんな感じで遊びながら帰ったので時間のたつのも忘れてしまった。今度は冬にチャレンジだ。

写真: この記録の写真をスライドショーで見る
尾張広域緑道起点
[詳細ページへ]

尾張広域緑道起点
ここから階段を上がって木曽川サイクリングロードに移動
[詳細ページへ]

ここから階段を上がって木曽川サイクリングロードに移動
グランドの木陰でランチ
[詳細ページへ]

グランドの木陰でランチ
ここでUターン
[詳細ページへ]

ここでUターン
グーグルマップにも載っている千勝猿田彦神社
[詳細ページへ]

グーグルマップにも載っている千勝猿田彦神社
伊吹山と池田山(右)
[詳細ページへ]

伊吹山と池田山(右)
奥町渡船場跡
[詳細ページへ]

奥町渡船場跡
直ぐ上はサイクリングロードだが、敢えて草付きを走る
[詳細ページへ]

直ぐ上はサイクリングロードだが、敢えて草付きを走る
時には細い道も
[詳細ページへ]

時には細い道も
ここを足付き無しで行くのは自分には無理
[詳細ページへ]

ここを足付き無しで行くのは自分には無理




お気に入りに登録:
   この記録で紹介されたルートに行きたくなりましたか?

※Cycle-Ringにユーザ登録いただき、ログインしていただくと、登録できるようになります。



コメントを書く

Cycle-Ringにユーザ登録いただき、ログインしていただくことによって、
コメントが書けるようになります。

-->> CycleRingにユーザ登録する

関連ページ
ページの先頭へ

ホーム   サイクリング記録   お問合せ   運営会社   リンクについて   ヘルプ   更新情報   利用規約   広告掲載について  
COPYRIGHT (C)2008 Yamareco & Cycle-Ring