PR for guests

メインメニュー

top -->> 記録の表示

薬師池公園の蝋梅とカワセミ 2019/1/6 (サイクリング/シティーライド)
日程:
   2019年01月06日(日) [日帰り]
メンバー:
   takeos
編集 [写真] [ルート] / 削除
この記録の訪問者数:84

地図/標高グラフ:
   ルート図 / 1/25000地形図 Google Earth GPS Log(GPX, 元データ) ブログに貼付     

Web Services by Yahoo! JAPAN 地名データを登録  [+]グラフを拡大
記録:
 部分日食の途中で、太陽は雲に隠れてしまい、寒い一日となった。昨日はいい天気で、尾根幹線はロードバイクだらけだったが、今日の尾根幹線はクルマで通ったときもほんのわずかしか自転車を見かけなかった。
 それでも時間が少しあったので、近所の薬師池公園で蝋梅でも見てこようかと自宅を出た。たぶん同じ町田市内の忠生公園のほうが蝋梅はたくさんありそうだが、ルートを検討しておらず、ルートを誤ると坂ばかりになるので、近場の薬師池公園にしたというのが正直なところ・・・。

 尾根幹線までひと登りしたあとはずっと下りでそのまま綾部原トンネルを抜けひとこぎで薬師池公園に着く。自宅から4キロ、10分程度(ただし帰りは尾根幹線までの登りがだらだらとある・・・)。
 蝋梅のある梅園にそのまま向かう。
 紅葉のころに比べると本当に人が少ない。池の周りにもカメラマンは見当たらず、今日はカワセミさんも休養中のようだ。
梅の時期には多数の花を咲かせるたくさんの梅の木がまだ芽も出していないが、早咲きの紅梅の木が目に入った。
さて、蝋梅はどこかなと探してみると、ところどころに植えられている。まだ満開には時間があるようだが、かなりの芽が膨らんでいて、いくつかは花を開いているというか開きかけている花が多い。
 梅園をあとにして萬葉苑に入るとかなり花が開いている蝋梅があった。ところどころにカメラマンがいる。蝋梅目当てというより野鳥狙いのようで高いところを見上げている。

 予想以上に蝋梅があったので満足して帰路に着くべく自転車置き場に向かいながら、今日はやっぱり水鳥しかいないなあと思っていたら、すぐ近くの木の上から湖面にむけて鳥が急降下して水面ぎりぎりで水平飛行で対岸の土手に停まった。素人でもわかるカワセミ色の羽だった。

 おお、カワセミではないか。しかし遠いなあ、コンデジでは無理だなあ。向こうまで行く間にいなくなってしまうかもなあ、でもカワセミはけっこうじっとしているらしいから、行ってみるとかと対岸に向けて太鼓橋を渡り歩いて行ったものの、すぐそばでは土手の植木が邪魔して見えないので、少し手前から撮影してみたが、どの程度写っているのかかなり不安。

 空振りも多いというカワセミをその飛翔まで見られたのは、3日に近所の野津田神社でひいた大吉のおみくじのご利益だろう。
 連写したので同じ構図の写真が何枚もあったのでいろいろなサイズでトリミングしたりレタッチしてみた。

 ここまで来たので、七国山のそば畑のようすでも見て帰ろうと、上ってみる。鶴見川から登る道に比べてなんと楽な上りであることか・・。
 畑には大根のような、かぶのような葉っぱの作物が植えてあったが、野菜に弱いぼくには作物の見当がつかなかった。← たぶん、菜種とのご指摘が蕎麦畑に詳しい友人からありました。

 そのまま鶴見川に降りて、カワセミならぬ多数の鯉を見て帰宅。

写真: この記録の写真をスライドショーで見る
冬枯れの薬師池。人が少なくていい。犬の散歩比率は高いが
[詳細ページへ]

冬枯れの薬師池。人が少なくていい。犬の散歩比率は高いが
気の早い紅梅が一輪というか一本
[詳細ページへ]

気の早い紅梅が一輪というか一本
蝋梅
[詳細ページへ]

蝋梅

[詳細ページへ]


[詳細ページへ]


[詳細ページへ]


[詳細ページへ]

カワセミに遭遇
[詳細ページへ]

カワセミに遭遇

[詳細ページへ]

コンデジなんでトリミングしてもこのくらいまで
[詳細ページへ]

コンデジなんでトリミングしてもこのくらいまで
七国山のそば畑。今は別の作物が植えてある
[詳細ページへ]

七国山のそば畑。今は別の作物が植えてある
鶴見川の鯉
[詳細ページへ]

鶴見川の鯉




お気に入りに登録:
   この記録で紹介されたルートに行きたくなりましたか?

※Cycle-Ringにユーザ登録いただき、ログインしていただくと、登録できるようになります。



コメントを書く

Cycle-Ringにユーザ登録いただき、ログインしていただくことによって、
コメントが書けるようになります。

-->> CycleRingにユーザ登録する

関連ページ
ページの先頭へ

ホーム   サイクリング記録   お問合せ   管理人プロフィール   リンクについて   ヘルプ   更新情報   利用規約   広告掲載について  
COPYRIGHT (C)2008 Yamareco & Cycle-Ring