PR for guests

メインメニュー

top -->> 記録の表示

魚っ知館 (サイクリング/シティーライド)
日程:
   2018年03月11日(日) [日帰り]
メンバー:
   yoppa
編集 [写真] [ルート] / 削除
この記録の訪問者数:138

地図/標高グラフ:
   ルート図 / 1/25000地形図 Google Earth GPS Log(GPX) ブログに貼付     

Web Services by Yahoo! JAPAN 地名データを登録  [+]グラフを拡大
記録:
かなり久々のサイクリング。1年9か月ぶり。
前輪の外し方を忘れていて解説書を読む始末(笑)
今シーズンこそはたくさん走りたいと思っているのだがどうなることやら・・

=今日のコース=
神崎浜海水浴場〜八雲橋〜由良浜海水浴場〜奈具海岸〜栗田半島漁村〜越浜・魚っ知館
(折り返し)

写真: この記録の写真をスライドショーで見る
車に積んで出発。
[詳細ページへ]

車に積んで出発。
スタート地点の神崎浜に到着。前輪をセットして出発。
[詳細ページへ]

スタート地点の神崎浜に到着。前輪をセットして出発。
とりあえず、浜まで行って記念撮影。
[詳細ページへ]

とりあえず、浜まで行って記念撮影。
京都丹後鉄道「丹後神崎駅」。
[詳細ページへ]

京都丹後鉄道「丹後神崎駅」。
通りかかった列車をパチリ。
[詳細ページへ]

通りかかった列車をパチリ。
八雲橋。これを渡って対岸へ。存在感のあるつり橋だった。
[詳細ページへ]

八雲橋。これを渡って対岸へ。存在感のあるつり橋だった。
由良川の水面。
[詳細ページへ]

由良川の水面。
古臭いドライブイン。
[詳細ページへ]

古臭いドライブイン。
自販機も味がある。
[詳細ページへ]

自販機も味がある。
このあたりは観光農園をしているようだ。みかんの直売所もちらほら営業中。
[詳細ページへ]

このあたりは観光農園をしているようだ。みかんの直売所もちらほら営業中。
オリーブもやってるようだ。
[詳細ページへ]

オリーブもやってるようだ。
由良川鉄橋。由良川の河口に架かっている。

[詳細ページへ]

由良川鉄橋。由良川の河口に架かっている。
オフシーズンの由良浜海水浴場で昼休憩。
[詳細ページへ]

オフシーズンの由良浜海水浴場で昼休憩。
近くのコンビニの惣菜パンで済ませる。
[詳細ページへ]

近くのコンビニの惣菜パンで済ませる。
奈具海岸沿いを走る。景色はいいが、車から見通しの悪い山沿いを走るのはちょっと怖い。
[詳細ページへ]

奈具海岸沿いを走る。景色はいいが、車から見通しの悪い山沿いを走るのはちょっと怖い。
ここから栗田半島方面へ。
[詳細ページへ]

ここから栗田半島方面へ。
川が澄んでいてきれい。
[詳細ページへ]

川が澄んでいてきれい。
栗田半島一周道路を進む。
[詳細ページへ]

栗田半島一周道路を進む。
これは日清戦争のときのもの?歴史を感じる。
[詳細ページへ]

これは日清戦争のときのもの?歴史を感じる。
この辺りには、幼稚園から高校まですべての校種の学校が固まって存在していた。
[詳細ページへ]

この辺りには、幼稚園から高校まですべての校種の学校が固まって存在していた。
沿岸部を走ってみた。
[詳細ページへ]

沿岸部を走ってみた。
漁村らしい風景がいい感じのなか進んでいく。
[詳細ページへ]

漁村らしい風景がいい感じのなか進んでいく。
越浜(おっぱま)に到着。今回の折り返し目標地点。
[詳細ページへ]

越浜(おっぱま)に到着。今回の折り返し目標地点。
海の色がきれい。
[詳細ページへ]

海の色がきれい。
関西電力のエネルギー研究所PR施設「魚っ知館(うおっちかん)」ミニ水族館がある。
[詳細ページへ]

関西電力のエネルギー研究所PR施設「魚っ知館(うおっちかん)」ミニ水族館がある。
大水槽の魚たち。
[詳細ページへ]

大水槽の魚たち。
とっても癒されました〜
[詳細ページへ]

とっても癒されました〜
小さい水槽のほうにもいろいろいて楽しめた。
[詳細ページへ]

小さい水槽のほうにもいろいろいて楽しめた。
これは屋外プールの下のほうだけ窓になっている部分。ペンギンがすいすい泳いでいた。
[詳細ページへ]

これは屋外プールの下のほうだけ窓になっている部分。ペンギンがすいすい泳いでいた。
日曜日だったので親子連れでにぎわっていた。
[詳細ページへ]

日曜日だったので親子連れでにぎわっていた。
帰り道は狭い旧道を通り抜けてみた。さっきの海沿いの道の表側にあたる部分。
[詳細ページへ]

帰り道は狭い旧道を通り抜けてみた。さっきの海沿いの道の表側にあたる部分。
再び奈具海岸。こちら側を走るほうが海岸の美しさにたくさん気づけた。
[詳細ページへ]

再び奈具海岸。こちら側を走るほうが海岸の美しさにたくさん気づけた。
変化にとんだ海岸で飽きない。
[詳細ページへ]

変化にとんだ海岸で飽きない。
しかもこちら側は車から気付いてもらいやすいので恐怖感が少なくオススメ。
[詳細ページへ]

しかもこちら側は車から気付いてもらいやすいので恐怖感が少なくオススメ。
ようやく八雲橋まで帰ってきた。
[詳細ページへ]

ようやく八雲橋まで帰ってきた。
あと少しなのだが、ここにきて向かい風攻撃に悩まされる。全然進まない。しかもケツや膝の横のほうが痛くなってくる。
[詳細ページへ]

あと少しなのだが、ここにきて向かい風攻撃に悩まされる。全然進まない。しかもケツや膝の横のほうが痛くなってくる。
今時珍しい遮断器なしの踏切を発見。非電化区間なので架線もなくのどかな雰囲気。
[詳細ページへ]

今時珍しい遮断器なしの踏切を発見。非電化区間なので架線もなくのどかな雰囲気。
時折歩きながら痛みや疲れを和らげる。やっとスタート地点の海水浴場に戻ってきたところ。
[詳細ページへ]

時折歩きながら痛みや疲れを和らげる。やっとスタート地点の海水浴場に戻ってきたところ。
本日のコース全体イラストマップ。
[詳細ページへ]

本日のコース全体イラストマップ。




お気に入りに登録:
   この記録で紹介されたルートに行きたくなりましたか?

※Cycle-Ringにユーザ登録いただき、ログインしていただくと、登録できるようになります。



コメントを書く

Cycle-Ringにユーザ登録いただき、ログインしていただくことによって、
コメントが書けるようになります。

-->> CycleRingにユーザ登録する

関連ページ
ページの先頭へ

ホーム   サイクリング記録   お問合せ   運営会社   リンクについて   ヘルプ   更新情報   利用規約   広告掲載について  
COPYRIGHT (C)2008 Yamareco & Cycle-Ring