PR for guests

メインメニュー

top -->> 記録の表示

輪行で奥多摩湖へ (サイクリング/シティーライド)
日程:
   2017年11月12日(日) [日帰り]
メンバー:
   windmozu
編集 [写真] [ルート] / 削除
この記録の訪問者数:72

地図/標高グラフ:
   ルート図 / 1/25000地形図 Google Earth GPS Log(GPX, 元データ) ブログに貼付     

Web Services by Yahoo! JAPAN 地名データを登録  [+]グラフを拡大
サイコンデータ:
  走行時間:7時間10分0秒
  走行距離:140 km
  平均速度:19.5 km/h
  最高速度:48.5 km/h

記録:
紅葉(モミジ)前線は、標高の低い里山?へ降りてきて見頃となっています。
多摩川上流域(青梅市〜奥多摩湖まで)の渓谷の紅葉を観に行ってきました。

前日からの強風が残ったおかげで、夜明け前に綺麗な星空が見れました。
そんなに早くに起床していたにも関わらす、出発したのは明るくなってきた6時過ぎ。
JR武蔵野線の始発を含め6時台までは、何故か普段の3倍の混み予想とあって気負けしました(^^ゞ
走り始めが8時なら、まっ良いか?早朝は風も強くて寒いしね。って、ネガティブです(>_<)

今回のルートは、JR武蔵野線の西浦和駅から輪行して府中本町まで行きます。
そこから多摩川CRを走り終点の羽村取水堰〜一般道で青梅市〜奥多摩湖へ。
帰路は、一般道で戸田市まで自走して輪行はしません。
目的は、峠攻めではなくて多摩川上流域の渓谷を知り紅葉を楽しむ事です。

車で行かれた事のある方ならご存じでしょうが、渓谷には車でアプローチ出来ません。
駐車場もほとんど無いので、若い頃のドライブ先として馴染み深い奥多摩地域でしたが、
鳩ノ巣渓谷を含めた多摩川の渓谷には寄った事がありません。
自転車の機動力を生かして初めて見る(知る)事が出来る。との思いもありました。

青梅街道の谷側はV字谷となっています。
そこへ無理矢理建てた建物へ、青梅街道からの出入りに急坂の細い袋道(私道・村道?)があるような状況です。
車で訪れる場所では無いですね。
渓谷には遊歩道が完備されているようですので、電車で訪れハイキングを楽しむのが最適なのだと今更ながらに知りました(^^ゞ
そして、このような場所にも大勢の外国人観光客の姿が|д゚)
何処に行っても彼らを見かけますね。(-_-;

奥多摩地区の山々は、杉の植林がなされている人工林の山です。
山全体の紅葉はありませんし部分的にある落葉樹の紅葉は、赤色より茶色の印象が強い。
自然の落葉樹が残っているのは渓谷沿い位かな。ちょっとガッカリでした。

多摩川CRの走行は三度目。
以前は羽村から河口に向けて走ったが、府中より上流部では道に迷った覚えが無い。
しかし今回、迂回した一般道から根川貝殻板橋を渡り公園に入ったまでは良かったが、野球場や競技場の脇を通る水路沿いの遊歩道へと導かれ、
そのまま進んで、緑川緑道〜残堀川沿いと多摩川CRからは離れてしまいました。
一本調子で迷いなく行けると思っていたのに、逆方向だと判らなくなるものですね?

青梅市から奥多摩湖まではユル〜イ登りが続きます。
秩父の秩父湖への道程よりも緩く感じます。
脚力に自信のない方でも楽しめるでしょう。
ただ、トンネルが多い(>_<)

写真: この記録の写真をスライドショーで見る
6:57
パッキング完了
JR武蔵野線「西浦和駅」
部活の高校生が大勢いた

[詳細ページへ]

6:57
パッキング完了
JR武蔵野線「西浦和駅」
部活の高校生が大勢いた
7:02発の車両最後尾
先客の輪行者が居た(外人)
彼のは旅客営業規則違反。
でも薄くて邪魔感が無い?
乗客は多かった。
[詳細ページへ]

7:02発の車両最後尾
先客の輪行者が居た(外人)
彼のは旅客営業規則違反。
でも薄くて邪魔感が無い?
乗客は多かった。
7:57府中郷土の森から
多摩川CRへ乗り入れる
[詳細ページへ]

7:57府中郷土の森から
多摩川CRへ乗り入れる
京王線と富士山
富士山の全姿は手前の丹沢山系?
に遮られ見る事が出来ない
彩湖からの方が綺麗に見れるな
[詳細ページへ]

京王線と富士山
富士山の全姿は手前の丹沢山系?
に遮られ見る事が出来ない
彩湖からの方が綺麗に見れるな
府中四谷橋
雲一つない快晴
空が青い!
[詳細ページへ]

府中四谷橋
雲一つない快晴
空が青い!
前回走行時よりランナーのマナーが良い?
走行区分をしっかり分けたからか?
[詳細ページへ]

前回走行時よりランナーのマナーが良い?
走行区分をしっかり分けたからか?
あの中央自動車くぐった先で
CRは途切れ根川貝殻板橋まで
少しの区間は一般道走行となる
[詳細ページへ]

あの中央自動車くぐった先で
CRは途切れ根川貝殻板橋まで
少しの区間は一般道走行となる
何故か?多摩川から離れ
緑川緑道を走っている

[詳細ページへ]

何故か?多摩川から離れ
緑川緑道を走っている
多摩川CRへ復帰
[詳細ページへ]

多摩川CRへ復帰
9:15羽村取水堰に到着
[詳細ページへ]

9:15羽村取水堰に到着
奥多摩街道で青梅方面へ向かいます
[詳細ページへ]

奥多摩街道で青梅方面へ向かいます
澤乃井清流ガーデン
[詳細ページへ]

澤乃井清流ガーデン
御岳郵便局過ぎた所
車では行けない脇道(左)へ入り
川に下りてみる

[詳細ページへ]

御岳郵便局過ぎた所
車では行けない脇道(左)へ入り
川に下りてみる
急坂を下り吊り橋に出た。
多摩川には多数の生活用の橋が架かっている
車は完全に不可である。
青梅街道方面を振り返って撮った画像だが
反対方向は御岳神社へ通じる
橋から右上に延びる急坂は自転車押し歩き
[詳細ページへ]

急坂を下り吊り橋に出た。
多摩川には多数の生活用の橋が架かっている
車は完全に不可である。
青梅街道方面を振り返って撮った画像だが
反対方向は御岳神社へ通じる
橋から右上に延びる急坂は自転車押し歩き
吊り橋からの眺め。
御岳渓谷の近くだが
あまり谷の険しさは感じない
[詳細ページへ]

吊り橋からの眺め。
御岳渓谷の近くだが
あまり谷の険しさは感じない
せせらぎの里美術館
[詳細ページへ]

せせらぎの里美術館
吉野街道万世橋
[詳細ページへ]

吉野街道万世橋
鳩ノ巣渓谷「雲仙橋」
車の通行がある

[詳細ページへ]

鳩ノ巣渓谷「雲仙橋」
車の通行がある
橋から眺める
鳩ノ巣渓谷
[詳細ページへ]

橋から眺める
鳩ノ巣渓谷
数馬峡橋
[詳細ページへ]

数馬峡橋
数馬峡橋からの眺め
下流に白丸ダムがあるので
白丸湖と呼ばれる淀みとなっている
[詳細ページへ]

数馬峡橋からの眺め
下流に白丸ダムがあるので
白丸湖と呼ばれる淀みとなっている
白丸湖ではSUPの他に
カヌーなどを楽しんでいた
[詳細ページへ]

白丸湖ではSUPの他に
カヌーなどを楽しんでいた
数馬峡橋たもとのモミジ
[詳細ページへ]

数馬峡橋たもとのモミジ
青梅街道は多くのトンネルを通る
ここは左脇の通路で日帰り温泉
「もえぎの湯」へと迂回した
[詳細ページへ]

青梅街道は多くのトンネルを通る
ここは左脇の通路で日帰り温泉
「もえぎの湯」へと迂回した
「もえぎの湯」の所にある
対岸と行き来する生活用の橋
階段を下りて橋へ行ってみる
[詳細ページへ]

「もえぎの湯」の所にある
対岸と行き来する生活用の橋
階段を下りて橋へ行ってみる
橋からの眺め
[詳細ページへ]

橋からの眺め
12:00奥多摩湖へ到着
[詳細ページへ]

12:00奥多摩湖へ到着
ダムの上を500m近く歩いて展望塔まで
ダムカードをもらいに行った
[詳細ページへ]

ダムの上を500m近く歩いて展望塔まで
ダムカードをもらいに行った
小河内ダムから下流方面の眺め
[詳細ページへ]

小河内ダムから下流方面の眺め
ダムカードをゲット
[詳細ページへ]

ダムカードをゲット
「奥多摩むかしみち」
渓谷沿いに延びるハイカー用の道のようだが
たまに車が来る。
自転車でも行けるようなので行ってみた

[詳細ページへ]

「奥多摩むかしみち」
渓谷沿いに延びるハイカー用の道のようだが
たまに車が来る。
自転車でも行けるようなので行ってみた
人の手の入らない自然な落葉樹の山
[詳細ページへ]

人の手の入らない自然な落葉樹の山
「むかしみち」にはモミジの赤色が点在
[詳細ページへ]

「むかしみち」にはモミジの赤色が点在
道所吊り橋
人数制限があります
[詳細ページへ]

道所吊り橋
人数制限があります
板張りの吊り橋で揺れます
[詳細ページへ]

板張りの吊り橋で揺れます
橋からの渓谷の眺め

[詳細ページへ]

橋からの渓谷の眺め
むかしみちは舗装されているが
穴だらけで荒れています。
ハイカーも沢山歩いているので
景色をたのしみながらゆっくり進みます

[詳細ページへ]

むかしみちは舗装されているが
穴だらけで荒れています。
ハイカーも沢山歩いているので
景色をたのしみながらゆっくり進みます
沢山のハイカーがカメラを向けていました
[詳細ページへ]

沢山のハイカーがカメラを向けていました
カメラを向けたくなります。
良い感じの色付きのカエデです
[詳細ページへ]

カメラを向けたくなります。
良い感じの色付きのカエデです
しだくら吊り橋
[詳細ページへ]

しだくら吊り橋
しだくら吊り橋より
惣岳渓谷(そうがくけいこく)
[詳細ページへ]

しだくら吊り橋より
惣岳渓谷(そうがくけいこく)
人数制限3人だそうな
[詳細ページへ]

人数制限3人だそうな
しだくら吊り橋周辺が一番の
紅葉スポットです。
[詳細ページへ]

しだくら吊り橋周辺が一番の
紅葉スポットです。
いろはカエデの巨木
[詳細ページへ]

いろはカエデの巨木
なが〜いトンネルですが
片側に歩道完備なので助かります
[詳細ページへ]

なが〜いトンネルですが
片側に歩道完備なので助かります
トンネル内の様子
[詳細ページへ]

トンネル内の様子
16:50彩湖幸魂大橋まで戻ってきました。
快晴だったのに雲に覆われています
[詳細ページへ]

16:50彩湖幸魂大橋まで戻ってきました。
快晴だったのに雲に覆われています




お気に入りに登録:
   この記録で紹介されたルートに行きたくなりましたか?

※Cycle-Ringにユーザ登録いただき、ログインしていただくと、登録できるようになります。



コメントを書く

Cycle-Ringにユーザ登録いただき、ログインしていただくことによって、
コメントが書けるようになります。

-->> CycleRingにユーザ登録する

関連ページ
ページの先頭へ

ホーム   サイクリング記録   お問合せ   運営会社   リンクについて   ヘルプ   更新情報   利用規約   広告掲載について  
COPYRIGHT (C)2008 Yamareco & Cycle-Ring