PR for guests

メインメニュー

top -->> 記録の表示

河内長野市・滝畑ダムへサイクリング (サイクリング/シティーライド)
日程:
   2016年11月13日(日) [日帰り]
メンバー:
   hotmove
編集 [写真] [ルート] / 削除
この記録の訪問者数:1480

地図/標高グラフ:
   ルート図 / 1/25000地形図 Google Earth GPS Log(GPX) ブログに貼付     

Web Services by Yahoo! JAPAN 地名データを登録  [+]グラフを拡大
サイコンデータ:
  走行時間:4時間35分12秒
  走行距離:79.89 km
  平均速度:17.4 km/h
  最高速度:44.9 km/h

記録:
2016.11.13(日)
滝畑ダムへのサイクリングは今回で二度目。
前回はどのような道か知らず、急な坂でかなりしんどかった。
今回は坂の様子がわかっていたのである程度余裕を持って登ることが出来た。
とはいっても、坂のしんどさは変わりなかった。

河内長野まではいつもは知っている大和川-石川コースで冨田林・彼方児童園へ。
そこからは「たかはし」橋を渡って錦織交差点を左折して旧170号線へ入り、河内長野駅までいく。
駅から西へ行くと滝畑ダムへの道路標識があり、そこを左折して真っ直ぐ走ると高向神社の看板が交差点にいたる。
この交差点を真っ直ぐ狭くなる道が滝畑ダムへ通じる。

道なりに次第に坂を上がることになるが、途中で道が分かれる。右折すれば新しい広い道でダムまで行ける。
勿論、旧道を走る。
旧道は狭く、車もほとんど通らない。
坂の傾斜は次第にきつくなってくるので走るのは結構疲れるが、今回はノンストップで走ることが出来た。
はじめの坂の峠を越えるとしばらく下りになるのだが、登りはこれで終わったのではない。

二つ目の坂は峠から下った分の高さを、短いがさらに急な坂を登ることになる。
そこを登るとトンネルがあり、このトンネルの中で峠を越えることになる。

滝畑ダムはトンネルを出るとすぐ左側にある。
トンネルを抜けるとそこは「ダム」だった!!

そのまま道路を走るとダム湖の奥までいき、さらに奥へ行くと駐車場とキャンプ場がある。

今回はここまで走ってUターンした。

ダムに戻って自転車を置き、さて野鳥を撮影しようとカメラを持って歩き始めたが、いつまで経っても出会うことが出来ず。

あきらめて元来た道を戻ると入り口付近の紅葉した低めのモミジの木を中心にエナガ、シジュウカラ、メジロも混成群があちらこちら飛び回っているのを発見。

すぐにカメラを構えて撮影にかかったが、毎度の如くせわしなく動き回りとらえどころがなく満足いく写真を撮ることが出来ずに終わってしまった。
ただ、この日は日曜日で紅葉を見に来た人も多くいた。

野鳥の群が飛び回っているモミジがきれいに紅葉していたので、その人たちがカメラを持って木の真下まで近づいて行くので、飛び回っていた野鳥が飛び去ってしまった。

それにしてもあれだけ接近しているのにあの人たちには野鳥の乱舞が見えなかったようだった。
紅葉を見るのが目的なのだから当然といえば当然だが・・・。

興味の対象が違うとそういうものかも知れませんね!

結局、滝畑ダムでは野鳥はエナガとシジュウカラだけでした。

それにしても歩いている間、野鳥の鳴き声がヒヨドリ以外ほとんど聞こえなかったのもちょっと不思議だった。

ただ、前面の紅葉というわけではないが、所々に赤や黄色の葉をつけた木々があり、残った常緑樹の緑の葉とのコントラストが美しかった。

今度はもっと早く来てみたいと思っている。

帰り道は同じ道を引き返した。

あと少しはいっていれば80kmを越えていたのだが・・・。





写真: この記録の写真をスライドショーで見る
大和川-石川歩道橋
いつも利用する歩道橋
[詳細ページへ]

大和川-石川歩道橋
いつも利用する歩道橋
冨田林市・彼方児童遊園
[詳細ページへ]

冨田林市・彼方児童遊園
「たかはし」橋
右へ渡るとすぐ錦織交差点。
交差点を左折して170号線で河内長野方面へ。
道は旧道で、車の数は少ない。
[詳細ページへ]

「たかはし」橋
右へ渡るとすぐ錦織交差点。
交差点を左折して170号線で河内長野方面へ。
道は旧道で、車の数は少ない。
河内長野・菊水町交差点。
ここを右折すると河内長野駅。

[詳細ページへ]

河内長野・菊水町交差点。
ここを右折すると河内長野駅。
河内長野駅を過ぎて西へ行くと標識あり。
[詳細ページへ]

河内長野駅を過ぎて西へ行くと標識あり。
さらに進むと「滝畑ダム」への標識でここを左折する。
[詳細ページへ]

さらに進むと「滝畑ダム」への標識でここを左折する。
高向神社の看板があり、その前の交差点から「滝畑ダム」へ向かう旧道。

[詳細ページへ]

高向神社の看板があり、その前の交差点から「滝畑ダム」へ向かう旧道。
滝畑ダムへ至る途中の谷で、下に川が流れる。対岸は樹木が生えていなければ、かなり切り立った絶壁になっている。
[詳細ページへ]

滝畑ダムへ至る途中の谷で、下に川が流れる。対岸は樹木が生えていなければ、かなり切り立った絶壁になっている。
同上。
[詳細ページへ]

同上。
滝畑ダム。
[詳細ページへ]

滝畑ダム。
滝畑ダム。
[詳細ページへ]

滝畑ダム。
滝畑ダムが放水しているところ。
少し体を乗り出して撮っているので若干怖さあり。
[詳細ページへ]

滝畑ダムが放水しているところ。
少し体を乗り出して撮っているので若干怖さあり。
放水のアップ写真。
[詳細ページへ]

放水のアップ写真。
滝畑ダムでの紅葉写真。
「紅」色が鮮やかに映えてまぶしいぐらいだった。
[詳細ページへ]

滝畑ダムでの紅葉写真。
「紅」色が鮮やかに映えてまぶしいぐらいだった。
同上。
[詳細ページへ]

同上。
紅、黄、緑・・・が楽しめる。
[詳細ページへ]

紅、黄、緑・・・が楽しめる。
薄い緑に黄色が映える。
[詳細ページへ]

薄い緑に黄色が映える。
滝畑橋・・・ダム湖の最深部にある橋。
[詳細ページへ]

滝畑橋・・・ダム湖の最深部にある橋。
橋を渡りさらに奥に進むと駐車場とキャンプ場がある。
[詳細ページへ]

橋を渡りさらに奥に進むと駐車場とキャンプ場がある。
キャンプ場を流れる谷間の川岸の写真。
[詳細ページへ]

キャンプ場を流れる谷間の川岸の写真。
川岸に柵銀杏の色づき。
黄色が鮮やかで、近くで見ると太陽の日に映えてまぶしかった。
[詳細ページへ]

川岸に柵銀杏の色づき。
黄色が鮮やかで、近くで見ると太陽の日に映えてまぶしかった。
自宅近くのいつも渡って帰る「近鉄南大阪線大和川鉄橋」で、走っているのは近鉄特急の4両編成・・・たぶん日曜日なので4両になっていると思うが・・・。平日は2両で走っているのを見る。
[詳細ページへ]

自宅近くのいつも渡って帰る「近鉄南大阪線大和川鉄橋」で、走っているのは近鉄特急の4両編成・・・たぶん日曜日なので4両になっていると思うが・・・。平日は2両で走っているのを見る。
近鉄の鉄橋近くの下高野橋。
いつもここを渡って自宅へ帰る。
[詳細ページへ]

近鉄の鉄橋近くの下高野橋。
いつもここを渡って自宅へ帰る。




お気に入りに登録:
   この記録で紹介されたルートに行きたくなりましたか?

※Cycle-Ringにユーザ登録いただき、ログインしていただくと、登録できるようになります。



コメントを書く

Cycle-Ringにユーザ登録いただき、ログインしていただくことによって、
コメントが書けるようになります。

-->> CycleRingにユーザ登録する

関連ページ
ページの先頭へ

ホーム   サイクリング記録   お問合せ   管理人プロフィール   リンクについて   ヘルプ   更新情報   利用規約   広告掲載について  
COPYRIGHT (C)2008 Yamareco & Cycle-Ring