PR for guests

メインメニュー

top -->> 記録の表示

古代蓮の里 (サイクリング/シティーライド)
日程:
   2012年07月30日(月) [日帰り]
メンバー:
   denkiti
編集 [写真] [ルート] / 削除
この記録の訪問者数:692

地図/標高グラフ:
   1/25000地形図 GPS Log(GPX, 元データ) ブログに貼付     

標高グラフを読み込み中です...
地名データを登録  [+]グラフを拡大
サイコンデータ:
  走行時間:4時間38分29秒
  走行距離:93.34 km
  平均速度:20.1 km/h

記録:
今年は「ハス」の時期には
タイミングを合わせるのが・・って
思ってました

古代蓮は見頃ですね
≪がんこそば≫気になりましたが・・
スルーです 

意を決して見沼代用水を北上して
武蔵用水から、中山道を南下して
帰宅しました

午後に「自転車漕ぐ」のは危険行為
「熱中症」の危険ありです(・。・;

取りあえず、1時過ぎに帰宅でしたが
12時を過ぎた辺りで、Gショック 41.2°
やばいです\(◎o◎)/!

写真: この記録の写真をスライドショーで見る
7/29
[詳細ページへ]

7/29
7/29
[詳細ページへ]

7/29
ポカリ付き
[詳細ページへ]

ポカリ付き

[詳細ページへ]


[詳細ページへ]


[詳細ページへ]

梨です
美味しそう
[詳細ページへ]

梨です
美味しそう

[詳細ページへ]


[詳細ページへ]


[詳細ページへ]


[詳細ページへ]


[詳細ページへ]


[詳細ページへ]


[詳細ページへ]


[詳細ページへ]


[詳細ページへ]


[詳細ページへ]


[詳細ページへ]


[詳細ページへ]

武蔵用水
[詳細ページへ]

武蔵用水

[詳細ページへ]

安いです
フライ
やきそば
[詳細ページへ]

安いです
フライ
やきそば

[詳細ページへ]


[詳細ページへ]





お気に入りに登録:
   この記録で紹介されたルートに行きたくなりましたか?

※Cycle-Ringにユーザ登録いただき、ログインしていただくと、登録できるようになります。



コメント
投稿者 スレッド
yyyy
投稿日時: 2012/7/30 22:48  更新日時: 2012/7/30 22:48
登録日: 2010/2/27
居住地:
投稿数: 684
 がんこそば
スルー、残念
この時期は、梅おろしそば、お奨め
himekopapa
投稿日時: 2012/7/31 16:54  更新日時: 2012/7/31 16:54
登録日: 2010/9/10
居住地: 埼玉県
投稿数: 1497
 毎日暑いですね
古代蓮から利根大堰まで走ったのですね!
大堰からの帰りの ルート、武蔵水路より一本熊谷よりの
道はダートですか?古墳に抜けるのに良さそうですね。
denkiti
投稿日時: 2012/7/31 21:50  更新日時: 2012/7/31 21:50
登録日: 2008/10/12
居住地: さいたま市
投稿数: 1661
 Re: 毎日暑いですね
himekopapaさんへ
ご質問の件
全面舗装路です
利根川CRの迂回指示看板どおりに(56号線)に
そしてそのまま南下です
私も試しに走行しましたが
走りやすいルートです
是非、活用の範囲に
toshichan
投稿日時: 2012/8/1 6:57  更新日時: 2012/8/1 6:57
登録日: 2009/6/19
居住地:
投稿数: 267
 猛暑
ですね〜。見沼の通りは季節の変化があって本当に魅力的です。古代蓮の里の蓮は小振りとか。毎年見に行きますがあきません。秋になると収穫物の時期と言う季節感がたまりません。yyyyさんの情報も貴重です。今度食しに行こうかと思います。
windmozu
投稿日時: 2012/8/5 9:21  更新日時: 2012/8/5 9:21
登録日: 2011/8/30
居住地: 埼玉県戸田市
投稿数: 873
 不明の区間
こんにちは、毎日暑いですね。
自転車も何もかもヤル気が失せてしまいます

利根大堰〜さきたま古墳の、安全安心ルートが判らず
怖い思いで武蔵用水路沿いを走行 していましたが、
ルートの紹介をありがとうございます。
活用させて頂きますね。

コメントを書く

Cycle-Ringにユーザ登録いただき、ログインしていただくことによって、
コメントが書けるようになります。

-->> CycleRingにユーザ登録する

関連ページ
ページの先頭へ

ホーム   サイクリング記録   お問合せ   運営会社   リンクについて   ヘルプ   更新情報   利用規約   広告掲載について  
COPYRIGHT (C)2008 Yamareco & Cycle-Ring